春世来るよ











20080301
穴子ブレイクスルー


よしおという蕎麦屋があって 「よしおのおそば」は自分の中で「あぁうめぇなぁー」と しみじみ思うもののなかのひとつである。

ざる蕎麦が好きで温かいものには興味がほとんどないのだが、 よしおのおそばは温かいのもうまい。 木の芽なんかがちょっこりのっちゃったりしている。

天ぷら屋に行けるような身分ではないので 天ぷら食いたいなぁという時は蕎麦屋に行く。

どうでもいいが、穴子は関係ない。

客人に、その人は蕎麦アレルギーなのだが、 何かうまい昼飯を食うところはないかと言われ、 ここはどうですあそこはどうですと持成すが 客人もいやあそこは昨日行ったとかこの前に行ったとか 言う。おぉ、なかなかの通でございますなぁじゃあ まぁ他には・・・なんつって、 「あ!蕎麦なんか如何です?蕎麦、行ったことないでしょう!」 と言ったすぐから

「あ、死にますね。」

客人、それは所謂つまり専務取締役なんだが、 その御人をつかまえて「あ、死にますね。」発言。
脇にいた営業君の「お〜〜〜ま〜〜〜え〜〜〜〜〜〜〜〜」という 顔がなんつーか、また、人生背負ってるなぁという感じで ございました。

ワッショイ。














20080305
NEKO、IMASITA


猫いました。
そして今日会社の同僚の奥さんに連れられて帰りました。 彼らがロマーニョ旅行に行っている間に預かっていたんです。

猫預かるのがですね若干楽しみなんですけど それ以上に 自分はあまり人からものを頼まれたり頼られたりすることがないので大層こういう場面が面白くてですね。 猫を預かるのはいいが持つときは全て猫つまみで猫を持つがそれでもいいか、 とか、もし猫がうっかりお亡くなりになってしまった場合は 何の猫を飼ってくればいいかとかそういうことを散々言い倒して 奥さんが心配しました。 こう文字にするとほんとろくでもない。 というかうかれすぎ。

自分しか頼む同僚がいないのを恨みたまえと ここぞとばかり上から目線でしたが、自分は自分が休暇を取る時に この人にあなた様しか頼む人がいないんですと土下座しました。

ツンデレより普通にたち悪い。

実はちょっとこの一週間に猫が居心地が良すぎてもとの飼い主のことを 忘れるぐらい自分に懐く、とかやっすい昼ドラ的なことにならないかとか 考えましたが普通に迎えに来た奥さんにすっとんでいった。 まぁね。

とにかく さんざん今の内に猫のハゲの数数えとけよ。 帰って来た時にハゲてるから。 とか言ってたんですが、ハゲなくてよかったよ。 もっと言えば、死なんだけよかったってことで多くは のぞまんよ。

猫ごときにな!

あたいのことわすれないでねー。

とか思ったんですけど一週間弱で思ったことは 自分は動物に全くかまわない。遊ぶとか眺めるとか あらためてそういうことをしない。 うっかりさわって怒られると嫌なので よきに計らえ的な。部屋の行ってはいけない所に 行ったらクレーン式で無言で運ぶ。 ダメ!とかおいた!とか言わない自分に笑えた。

何かいえよ・・・・・。










20080312
シュガーベイビー


砂糖を買ったのだが、ひとりでこの砂糖は如何にして使うのか。 これを使い切る、その未来の日ことが思い浮かばん。1kg・・・。

何がしたかったかというとヨーグルトが食べたかった。 お砂糖たっぷりのヨーグルト。普段食わぬくせに。 しかも、ハチミツとかジャムじゃ気がすまない。 砂糖!まっしろい砂糖で食べたいんだ!

どないしたらいいんじゃ。と思いながら でも食いたかった! しかも個別パックじゃないでかいブルガリアが! お皿に盛って自分で甘くするやつが!

しかも 自分でさっきヨーグルトなど普段はめったに食べない って言った。当然 ヨーグルトも余る、超わがままっこ!で食いたかった!! いや、まぁヨーグルトはまだいい。問題は砂糖で、最初はコーヒー用の スティックタイプなら使い切る日も近いだろうと思ったのだが

1sと同じ値段だったもんで・・・・・・・。

いつ使い切るんだろう。












20080313
はるのコート(と、称してゴールドボール)


春先用のコート買ったった。
クラシカルだけれど軽やかな色のコートにふぁんしーとか、 襟が素晴らしいシャープなジャケットにめろーとか、 洗いざらしのデニムワンピースをジャケットのように 着るオールドスタイルに土のにおいや草のにおい。 友人が着ていたビビットなAラインジャケットにくらっときて、

とか、春らしい話をしつつオシャレセンスな話を しようかと思いましたが、まーほんと春先コートも買っちゃったりして 多少ふぁっしょなぼーな自分なんではありますが、なんつっても とりあえず男子のきんの玉が移動するという驚愕の事実をきいて 大層驚愕しましたんでふぁっしょなぼーはさておき、それを記さねばと 思った次第です。

母である友人の話をききながら、わたくし男兄弟のない 家庭でお育ちになっておりますから 最初は何の話をしているのかわからなかったんでございます。 まさか動くとは思っておらなんだったもんで。友人が息子の玉をたまに 戻すといわれても、何を戻す話なのかわからなかった。

ピンときていない自分に、 友人は「いや、だからね、」と 身振り手振りで如何に戻すかを説明してくれている。 そういうやりとりを15分ばっかりやった後、ぽんと手を打ち、 「もしかして、あれは移動すんの?!」と言えば、友人「あ、うん。 たまに上にのぼってくるよ。」だって。

まーーーじーーでーーー?!!

友人(母)はたまにそれを所定位置(袋)に戻してあげているという話だったんですよ。 まじで?まじで??というか、たまに潰れるもんだとは知っていたが 動くもんだとは知らんかったです。ご存知でして? わたくしことのびっくりと同じぐらいクラスの何人ぐらいの こが知っていることなのかが気になりますことよ。 動きますってよ。母はそれをたまに戻してあげるんですってよ。 上ってどのへんまでだよ、という疑問も恐ろしいが。

んな、いくら玉といってもそんなコロコロ。球は球なんであろうがコロコロと?あほな擬音すぎるわ。ということで、 その母に知ってた?ときいたらば、いやぁ〜〜〜と言っていた。 2人で結論としては「成長するにつれ固定する(んだろう)。」ということなんですが、 何、この思春期前みたいな2人。

隣にオシャレめな絵をおいちゃってますが、 アダルティーな雰囲気をかもし出す訳でもない素朴な話で ほんとすいません。小学生かおまえ。














20080328
こういうゲームがしたい


ゲームが作れたらさぞかし面白いだろうなーと思う。

実は颯爽と企画だけはある。

『THE・ゾンビを教室と27人でなんとかする7日間。』

と、ここであまりにはしゃぎすぎて異様なボリュームに なったため別ページにしときます。↓

※自分ほんとアホのように盛り上がってます。

こんなの誰かつくってくんねーかなぁー。
でもちょっと考えただけでえらいめんどくさそう。 いちいちパラメーターがぜんぶ変わって。


























広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット