なんせファンタステックですから











20100103
ミレニアム・テンイヤーズ・アフター
10年後なんて簡単さ。



マヤ暦的にはあと2年らしいですが。
それについては、ないからなんだよ?という感じに 更新しなくなったブログと同じという扱いにすると マヤ人の息吹がものすごく近しい。


去年は連載がはじまりましたが、今年は 待望の本が出るのでしょうか。 自分で「待望の」つった。あつかましくてうける。

去年は会社を辞めたばかりとあって のらのらと貯金を食いつぶしておりましたが、 今年はさすがにそうはゆくまいてな感じがします。 実質生活という物理的な問題もありますが、 いい加減会社のことをめそめそ考えるのも 飽きたというか。

会社は好きでした。

いろんなことを学んだというよりも、 もし自分に成分というものがあるならば おそらくもとの性格から会社という化学変化で 生成されたと思う。それぐらい大きい。 辞めていまもって望郷の念ある。 おそらくそれは消えない。

会社は分裂しました。経営的なものではなく人と人の問題で。社内抗争といえばわかりやすいのでしょうか。つっても数十人程度の規模ですから、それはどちらかというと目と鼻の先の人と人との衝突でした。

「それゆけ会社」はちょうどその頃の漫画です。 なので、それゆけ会社に顧客や上司がいないのも、 アレとかソレとか言って いったい何の仕事をしているのかわからないのもそういう訳です。 意図的にエピソードや登場人物から 「見る人が見ればわかる」というのを避けて作っている。

自分がその頃やっていた断片的なものが企画部のモチーフに なりましたが、実際には企画部なんてものは存在しません。 ついでにチームも組んでません。 なので、自分が誰に該当するかというと 本当に「微妙に」関係ないのです。

結果、 「それゆけ会社」は 一切何の会社かわからないが 全く仕事をしていてない会社の漫画という変な漫画になりました。 それでいいのかなと思います。 私の中では「それゆけ会社」は あの頃にもう決定的にここから先は自分が好きだった 会社には絶対戻らないと思った会社の 楽しい思い出や面白いというテンションだけを抽出した ユートピアのようなものです。

たまに「それゆけ会社」が好きですと言われると 「そうだろうとも!」という他の漫画にはない 親心というか里心がある。 私も会社が大好きでした。

久しぶりに「それゆけ会社」を描いたのは そういうめそめそとした名残惜しさからではなく 単純にキャラクターを動かしたいなと思ったからです。

どの会社でもそうだろうと思いますが、 面白くないこともある。答えはないよと言われて 自分はものすごく腹が立った。ないからなんだ。 ということを、かといって結局辞めてしまったので自分に 出せるのは所詮理想論でしかないことを、 もういいかげんいいじゃないか と思う。机上の空論ばんざい!

ファンタスティックかつ ユートピアに生きる。 なので今年は無条件に景気が良くなれと思う。 本が出ると思うので。そんで、 みなさんにこう 全てうまくいくような魔法的ななにかが こうキラキラ〜っと降り注いで 良い年になりますように。とか言う。普通に。




20100105
そういえば森ビルに行ったんでした。



54階とかビョーンとエレベーターで上がる時、 あんまりにもビョンビョン階数が上がるので ちょっと楽しそうだなと思って 「窓がついてて見れればいいのに」つったら 友人から「いや、実際にこの速さで外見ると相当怖いと思うよ?」と 言われ、そうかな?と思って、 帰りにはすっかりそのことを忘れて また帰りにも同じことを同じように思って 「窓が透明なら面白いのに」つったら 「いや、だから!」つって呆れられた。

馬鹿は高いところと速いものが好き。
あと人の話をほとんど聞いてない。のは、当然のスペック として自分の話も忘れる。

そういえば、夜行バスなるもので 東京まではじめて行ったのですが、 なめてたね!!完全に!東京行ってのを。 ひょろ〜っと行ってひょろっと乗って帰って来れるもんかと 思ってたら、乗るまでのバスの多さと人の量がはんぱなかった。 年末とコミケってのがあったからだと思いますが。 自分はそういう予約とかチケットとか 旅行に関する手配的な下準備がほんとに世間知らずというか 用心浅いというか、自分が予約している 旅行会社の名前とかバスの便名を全く控えてなくてですね。 たぶんご存知の方はそれが如何に致命的かと 思われるんですけど、ほんと出鱈目というか なめてるんですよ。世の中を。 せいぜい15分前ぐらいに 行って人に訊きゃなんとかなると思ってて。

いっときますけど、なりませんよ。普通に。 ほんと半端ない本数のバスが半端ない広範囲に ずら〜〜〜〜っと並んでて、多分いろんな 旅行会社の人が予約者の名前を随所でチェックしている。 この中から 旅行会社もバス名も知らんて。どうゆうことだ、と。 でも実際知らんので 片っ端からチェックする人を捕まえて自分の名前が 乗車リストにあるか訊いてまわりました。 運良くたぶんほんとたまたま運良く2回目で見つかったので よかったものの、なんせ漠然と○○前集合場所っつっても そもそもバスが停車している範囲が広い。 まずもって端から端に歩くだけで 15分ってのに無理がある。下手したらぐるーっと全部 訊いてまわるのに30分以上はかかろうかと。 しかも発車時刻の違うバスが次から次へと。 だが、どんなに到発着しようとも それが「しまった!」とも「急げ!」ともわからない。 だって名前を知らないんだもの。 半ばこの時点で如何に絶望的かとご想像頂ければ。

予約した時に直前の連絡先 みたいな感じでスタッフの携帯電話があって、 何だそりゃ?と思ってたのですが、 なるほどそれはこのためかと。いるわ、それ。 しかし当然のごとく旅行会社の名も控えぬ奴がそんな命綱を 控えている訳もなく。全くもって人に尋ねようもなければ 手の施しようがない。 いや、若干まだ「最悪電話があるだろう。」みたいな 楽観的なことを 考えてましたが、どうなんだろう。 普通に考えて飛行機の予約で電話がかかってくることは ない訳で。つまりは置いて行かれちゃうんだけど。 いや〜しかし片っ端の2回目にあたってよかったよ。 さすがにこれは自分が馬鹿だと諦めるべきだなと思ってた。 こういう時の運の良さには自分でも感心する。 完全に運だけで乗った。そういうとこがある。

にしても、こんなことで無駄に運を使うのをやめろと反省した。 たったメモひとつ 持てばいいだけの話じゃないか。 どんだけ世間知らずというか非常識というか。 無謀というか。全くやる必要のないサバイバルをやるな。




20100107
あのね、「怪物くんの」OPを歌っていると、途中から 「ど根性ガエル」になるの、歌ってみ?


私は「怪物くんは〜」からよく「根性根性ど根性〜」につながります。

ところでついったーというものを 導入しようかしら?と思ったり しましたがやめることにしました。 なんか延々つぶやいてそうな気がする。 しかも誰をフォローするでもなく。 前述はともかく後述はかなりリアルに 想像できる。見るからに いや、お前どんだけ人の話に 興味がないんだと。そういうことになる。 ちょっとそれはこっぱずかしい。

ただなんか延々喋りたいだけの人なのがばれる。

そういえば、おー20万ヒットなのかもしらんと思って、 なんかやろうかと思い、 ベタにキャラ投票なんてどうだろうと わくわくしましたが、よく考えたら ひとシリーズだから楽しい人気投票なのであり、 という前に ほとんど名前がついてませんでした。ベタも何も。

個人的な予想ですが、もしやるとすれば 1位はともざわ君なのではないかと思います。 いただいたコメントの感じから何となく。 あいつは何だか単発の1話しかないにも 関わらずひとりだけ 名指しで好きといわれているのです。 もろキャラ人気をねらった書の湯をさしおいて。 しくじたる思いです。

ちなみに私が好きなのは「ひとふで君」です。










20100127
ガールガールガール、モブモブモブ!!








という漫画を描いていて、 こんなにスカートを描いて どないこってすて!と 思っていたのだけど実際見るとそんなに 描いてなかった。

そういえば、書き溜めていた友澤君を アップしました。 まとめてやらずにちょいちょい載せればいいのに。 何だか友澤君はそうなのです。 完成している割にアップするまでに だらだら時間があく。 というか、なんとか真希波とか言っているので だいぶ前ですね。夏?結局エヴァは見逃した。 たぶんこの勢いでアバターも観なさそう。 この勢いってどの勢いで何ヶ月前の映画の 話をしているんだよ。 でもアバターは映画館で観ないとだからなー。 飛び出るというより、むしろ奥行きの方がめっちゃ 凄いらしいですね。うぉー。

そういえばといえばそういえば、前に 絵を描くのに使っているソフトは? という質問がありましたが、 私が使っているのは デリータのコミックワークスです。

つっても、ここで何かお役に立つ 機能的な話などできれば よいのですが、線を描くだけしにしか 使ってないのでぜんぜん何の機能があるか ようわからんのです。

というか捨ててしまったのです。 トーンだの定規だの素材だのなんたらかんたらの 機能を。再インストールすればあるんですが。 しゃらくさくて。というか重くて。 まさに線だけを描くためだけのソフト。 けっこう無茶苦茶です。でも素材があったところで。

あるだけ必要ないなら無い方がマシ。 というのはコレ性格だろうと思います。

何だかお役に立てずに申し訳ない。

ちなみに線はこれなんでしょう。 筆圧の癖は直すが早いか磨くが早いかって話で、 おそらく修練というのはその選択の繰り返し なのでしょうけれども。

という訳で頑張ろうと思う次第ですが、 気分的に鼻でもほじる気分で 描くと筆圧が安定しなくて こういう線になるのではないかと思います。 私は鼻くそほじってないですが。 というか鼻くそなどありません。 鼻がないので。クリリンのことかーっ!

ばかじゃないかな。


どうでもいいが、 犬を抱っこしている落書きが2枚連続であった。 よっぽどわんわんとふれあいたかったのか。


いけめん差がひでえ。



























広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット