年末進行ってなに?










20121201
お元気でしょうか


私は何だか、 ぜんぜんままならない感じです。

掲載雑誌情報のページをばたばた更新しました。
あと、雑誌ではないのですが、小島アジコ先生新刊 『となりの801ちゃん』の限定版に寄稿したので、一応 お仕事情報として記載しておきました。

ところで、お仕事をしている関係上 企画している編集さんを知ってたりするので、 毎回となりの801ちゃんの限定版には 身内ノリのツッコミで余計に笑えてお得感があります。 って、外野のつもりでへらへらよそ様の大変そうっぷりを 笑っていたらこうなりました。

自業自得・・・・・なのか?これは?

思わず、人を呪わば穴みっつ、という言葉が浮かびましたが。 いや、でも、呪ってない呪ってない。完全に人事だと思って笑ってはいたが。 そういうこと?そういうことか?

それはさりとて、


あっつーまに1年は終るのですね。
去年の今頃は、週漫で月に8ページ程度の連載を終えようと していて、来年はもうちっと描く量を多く増やせれば いいなぁとか思ってたんですが、どうだろうかな。

そういえば、出版業界というものには 年末進行というのがあってクソ忙しい、というのを 聞くには聞くのですが、いまだそのような状況に なったことがありません。

多分、連載とかそういう定期的な締め切りに関連してどうのこうのなのだろうと 思うので、だったら自分には関係ないし実感もなくて当たり前なのだろうとか何とか。

そこら辺の、うすらぼんやり「どうやら何かあるらしい」というのがちょっと都市伝説的な 感じがして面白いです。

代わりに、正月というのもなさそうだ。


がんばる。












20121220
窓と窓をめぐる連載








すでに年の瀬でしょうか。おそろしや。

フライングでもう餅を焼いて食べました。
秋口に魚焼き網器を買ったので、シシャモやネギを焼きつつ。 餅には断然、砂糖醤油。海苔は必ず巻く。大根おろしも良いけどね。

この間、おでんを作ろうと、練り物セットを買って来てたのですが、 作る前についお腹がすいて、ひとつふたつ焼いて食べたらおいしくて、 そのままひとつふたつを繰り返し、結局 おでん作らず。


ところで、今月発売の徳間書店の文芸誌で 新しい連載が始まります。つっても、1ページなのだけど。

漫画の連載は単行本スパンで短編が何本、ページ分たまってどうのこうのという 考え方をするのだけれど、その発想でいえば果てしなく、どうなることやら。

まぁ、そこら辺のことは、今後折を見て話を詰めてゆくのだろうけども。 ただ、今はその、とてつもなく気の長い話が妙に 面白く感じる。普通に連載だけで考えると、10年たっても120ページ。 私、42歳になりましょうか。

何か、岩に水のしたたるがごとく、他人事のような可笑しさがある。 それよりは短い。当たり前だが。

それがまた余計に可笑しい。へんなの。







































広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット